2012年11月29日

ラクラク英語マスター法で英検も攻略

TOEICと英検、英語の資格と言えばこの2トップという構図がこの先何年も続いていくことでしょう。
今ではTOEICが重視されて英検は比較的採用条件などには使用されていません。
これは英検の試験の特徴ゆえに仕方がないことです。
英検はリスニングとリーディングのみならずライティングとスピーキングの試験もあります。
そのためコストや時間的な問題から企業が英検を導入するのが難しいというのが事実です。
それに比べてTOEICは話が早いです。
2時間のテストで全てが終了というものなので企業としてはTOEICを英語力の判断基準として使っています。
しかし、そろそろTOEICも飽和状態のように感じます。
誰もがある程度の点数を取れるようになってきてきまったのでそれほど差がつきません。
差がつくと言っても全くできない人と点数が取れる人の差でしかありません。
つまり、TOEICで英語力を証明していこうと思うのであればかなりの高得点を取ることが必要です。
それよりも、簡単に英語力を証明する方法として私は英検をおすすめしたいです。
英検は社会人で受けている人が少ないので差別化できます。
また、ライティングやスピーキングの実力の証明にもなります。
まあ、その分難しいのは言うまでもありません。
そこでおすすめしたいのが30歳からできたラクラク英語マスター法です。
ラクラク英語マスター法で英語に必要なスキルを総合的に学ぶことができます。
特に長文に対する読解力が高まるため、英検の一次試験対策はこれでバッチリです。
ラクラク英語マスター法で総合的に英語のスキルをつける、英検をとる、仕事でも英語が使えるというようになることができます。
posted by やまと at 10:56| Comment(0) | ラクラク英語マスター法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。