2013年09月24日

英語に慣れるためには?

普段の日常で英語なんて使わないし、英語に慣れることなんて難しいんじゃないのでは?と思われる方がいると思いますが、それは違います。
たしかに日本にいる限りでは英語を使うことは少ないでしょうが、英語が使われているものというものはたくさんあります。
例えば海外ドラマや洋画などがそうですね。
英語というよりは英会話に近いかもしれませんけど、リスニングの練習をしたいなら英会話の勉強に役に立たせることができると思います。
また意外な物にも日本の物で英語が使われているというものがあります。
それは海外版のゲームですね。
こちらは言語によって様々なものがありますし、使い方次第で言葉を覚えるのにかなり最適だと思います。
私の知り合いは英語を覚えるために海外版のファイナルファンタジーを買い、辞書をしながらゲームをクリアしたようです。
この用に自分の趣味にも英語が使われていることも多くあり、それを活用しながら英語の勉強をすることも可能なのです。
もしかしたらあなたの日常生活において英語は使われていないと思っていたものが、案外使われているということはたくさんあるかもしれません。
もし見つけることができたのならそれはチャンスです。
ぜひそれらを活用して英語に慣れるのをオススメします。
posted by やまと at 14:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

英語続けられていますか?

英語の勉強というのはどうしても長期戦になりますね。
だからモチベーションを続けるのが本当に難しいと思います。
しかし、勉強を続けて英語ができるようになっていく人というのは例外なくモチベーションづけがうまい人ばかりです。
英語を頑張ったかわりに何か自分にご褒美をあげるのもいい方法だと思います。
私は結構小さいなことでも幸せを感じることができるので、勉強を頑張った週というのは週末に焼肉に行っていました。
これだけで幸せな気分になりまた英語を頑張ろうと思えるものです。
何か自分にご褒美をあげて自分を癒して勉強をする動機づけをするというのもいい方法です。
なので目標を立てる段階から、ここまで達成できたら自分にどんなご褒美を与えようかということを考えておいてもいいと思います。
これだけでやる気になるのであればすばらしいことだと思います。
posted by やまと at 15:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

英語上達で大切なスキル

英語を勉強しろと言われて、何をしようかを考えます。
このとき、おもしろいことがあります。
それは何をしよと考えるかは人それぞれで全く違うということです。
今まで航行や大学などで一生懸命勉強をしてきた人は英単語や文法といった学術的な勉強をしていくと思います。
女性なら英会話を中心の勉強をしていくと思います。
社会人ならTOEICなどの資格の勉強をしていく人が多いのではないでしょうか。
このように結論としては何かから始めないといけないわけです。
私は、もう何年も前ですが、全く基礎がないときに英語の勉強を始めたのでまずは最低限の文法から勉強しました。
そして、その次に英単語。TOEIC、英会話、英検、ビジネス英語。
このような順番で学んで行きました。
スキルとしてはリーディングから入り、リスニング、スピーキング、ライティングとすすんでいきました。
結果としては時間をかけたこともあり全てをほぼマスターできたと自負していますが、今もう一度やれるとなればもっと短期間でそれらを習得できると思います。
その理由は各スキルをバラバラに順番に身につけていくのではなく、全てをバランス良く同時にやっていけばもっと早くそれら全てを自分のものにできたからです。
英語はすべての技能をバランス良くやっていく必要があります。
ですが、なかなかそれら全てをバランスよく学べる参考書や英語教材というものはありません。
私が知っているのは30歳からできたラクラク英語マスター法というものだけです。
後のものはどれか1つや2つのスキルしか学ぶことができないものばかりです。
英語を学ぶのであれば何からはじめるかは決める必要がありますが、その後は全てをバランスよくが大切です。
posted by やまと at 11:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。